Babel Library [地球図書館] 創りのための Babel University Trans Publishing Workshop

Babel Library [地球図書館] 創りのための Babel University Trans Publishing Workshop

   || 和訳 The Search for the Stone of Excalibur

※エントリーをご希望の方は、「応募する」を押してください。




タイトル : The Search for the Stone of Excalibur
著者 : フィオーナ・イングラム
出版社名 : iUniverse
国名 : 南アフリカ共和国
言語 : 英語
ISBN/ISSN : TBA
刊行年 : 2014
ページ数 : TBA
トピック : こども
購入先URL : Coming in July


プレゼンター:

プレゼンテーションデータ:

「石物語」シリーズ第1作「聖なるスカラベの秘密」の主人公、アダムといとこのジャスティンの冒険はまだまだ続く。失われた古代の7つのパワーストーンの、2つ目の手がかりを追い求める2人。最近になってある考古学者が発掘した、アーサー王の剣「エクスカリバー」の柄に埋め込まれている石がどうやら、パワーストーンであるらしい。

 スコットランドの古城を探索する2人の後を追い、前作でも2人を苦しめたカリード博士が現れる。しかも、誰も知らない脅威が2人にも迫っていた。パワーストーン発見に必要だといわれる惑星直列の瞬間まで、時間が押し迫る! ジャスティンとアダムは2つ目のパワーストーンを無事に見つけることができるのか? 

 2つ目のパワーストーンを探すジャスティンとアダムは、ほかにも秘宝を探し当てる。古代人の秘文書や、7つのパワーストーンの重大なカギを握る不思議な文書を手に入れ、冒険を続けるうち、2人はエジプトでの体験とは比べものにならないくらいのいろいろな発見をし、そしてさまざまな危険にもさらされる。そして、イサベルおばさんがなぜか一緒に連れて行くようにと送り出したキムという謎の少女は、彼らが困ったときには必ず名案を考えつき、彼らに悔しい思いをさせるのだった。

 アーサー王の物語のファンのために今回は、アーサー王とはどんな人だったのか、当時戦争はどのようにして戦われたのか、等々の詳細な情報を巻末に付属した。更に、この本を読み終わった読者には、第3作「The Temple of the Crystal Timekeeper」第1章が試し読みできるというボーナスも付いている。

応募の流れ
「応募する」ボタンをクリックし、必要事項を記入して送信してください。次に翻訳課題をワード原稿にまとめてcontest□babel.co.jp(□を@に変更)宛に送信してください。送信件名は「Excalibur翻訳課題:氏名」としてください。

翻訳課題はこちら

監訳者、前川悠貴先生の推薦文はこちら


著者のプロフィール:

フィオーナ・イングラムが物語を書く才能を最初に表したのは10歳のときである。そのきっかけは、3人の弟たちや友達に連載物語を読み聞かせて楽しませたことにある。その物語とは、子どもたちが危険でスリルのある冒険に出るが、勇気と工夫で乗り切るという話であった。お化け屋敷や、吸血鬼や、ひつぎから現れ出る骸骨などが人気で、数ある役の中でもお気に入りのキャラクターであった。

フィオーナ・イングラムはジャーナリストとして仕事をしてきたが、児童書「聖なるスカラベの秘密」を書いたことは作家デビューへの思いがけない一歩となった。物語はエジプトへ旅行した経験にヒントを得たものである。「聖なるスカラベの秘密」は逸話的な短編物語として2人の甥(当時10歳と12歳)のために作ったものであった。甥たちはエジプト旅行にも一緒に行っていた。そしてこの短編小説が児童書に発展し、冒険物シリーズ「石物語」の第1冊目となった。当時、フィオーナはすでにシリーズ次作品の「エクスカリバーの石をさがして」の執筆を始めており、このシリーズは若い世代のアーサー王物語のファンにとって大いなる楽しみとなる。フィオーナ・イングラムには自分の子どもはいないが、現在10代である里子を養子に引き取り育てている。恵まれない生い立ちのその里子も、今では楽しく読書する喜びを見出しているという。

フィオーナが読書に熱心であるのは当然のことであるが、それは今に始まったことではなく、幼少期からずっとである。興味分野はというと、文学、芸術、演劇、骨董品集め、動物、音楽、そして映画である。彼女は旅行が大好きで、幸運にも研究の間はヨーロッパに住み、仕事のときはアメリカに住んでいる。今までにも広範囲にわたり旅行し、旅行の目的をたくさん果たしてきた。

「聖なるスカラベの秘密」はこれまでに多くの賞を受賞。次作「エクスカリバーの石をさがして」も高い評価が期待される。
応募する


   || お問い合わせ 

お問い合わせ

翻訳出版オンラインワークショップについてのご質問・お問い合わせは、下記サイトのフォームにてお願いします。

      お問い合わせはこちら

・ Babel Books and Right Marketplace / BABEL UNIVERSITY
      〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町2-13-18 ルジェンテ吉祥寺1F
       Phone:0422-45-0139
・ バベル・プレス
      〒107-0052 東京都港区赤坂 2-23-1アークヒルズフロントタワー RoP 704
      Phone: 03-6277-6411