HOME > 通信コース > IT(共通科目)

BABEL UNIVERSITY 通信コース IT(共通科目)

1. 翻訳者のためのテキスト処理入門  詳細

翻訳者に必要なテキスト処理の基本テクニックを身につけ、翻訳の生産性を飛躍的に向上させます。クライアントから求められる必須のPCスキルです。
講義:8回(音声なし)  提出課題:4回  受講期間:6ヶ月
単位:1単位  受講料:59,400円(税込)

 これからの時代、翻訳作業においてスピードアップを生かすにはITは避けられないし、即活用できるスキルを学びたいと思い受講しました。しかし、私はファイルにおいて、CVSやTSV形式で保存する方法や、ZIPで圧縮する方法などにも無知で、原文訳文のペア対訳表や辞書など自分で作成するには、何から初めていいのかわからないのが現状でした。

 「翻訳者のためのテキスト処理入門」は、翻訳者に必要な対訳表・用語集などをステップ・バイ・ステップで作成し基礎と応用を身につけます。さらに、バベルで学習するこの演習教材は、二種類のファイルを用いて検索置換を使用したテキスト整形や、無料で使用できる辞書・ツールなどをホームページからダウンロードして、翻訳者に必要な素材の収集から応用を分かりやすく実践していきます。検索置換の機能は、知れば知るほどすごく便利で、基礎を習得すれば応用がこなせるようになります。

  また、原文と訳文が別々に保存されたファイルから原文訳文のペアで翻訳メモリを作成することが可能で、基礎を身につければ、時間の無駄を省いて翻訳の作業効率が格段にアップすると思います。そして、音声講義も演習教材と照らし合わせで理解しやすく、非常に価値のあるテキスト処理コースだと実感しました。

>>無料体験版はこちら

2. ホームページ制作基礎演習  詳細

HTML文書の翻訳には、基本的なHTMLの知識が必要不可欠です。この講座では、ホームページ作成ソフトを使わず、普通のテキストエディタを使うことで基本的なHTMLの知識を身につけます。
講義:8回(音声なし)  提出課題:4回  受講期間:6ヶ月
単位:1単位  受講料:59,400円(税込)

3. CATツール活用のための翻訳テクニック - 実務トライアルコース  詳細

IT系翻訳以外のビジネス翻訳にも導入が進むCATツールを活用するための翻訳テクニックを学びます。
コース修了者は、ローカライズ専門の翻訳会社「TransLingo社」の翻訳者採用トライアルを受けることができます。

講義:音声講義なし  提出課題:理解度チェックテストによる自己採点式  受講期間:2ヶ月
単位:なし  受講料:30,240円(税込)

4. 翻訳支援ソフト徹底活用 - Trados演習  詳細

SDL Trados StudioなどのCATツール(翻訳支援ソフト)の使い方を学び、翻訳メモリやユーザー辞書を活用して効率的な翻訳作業を行うテクニックを身に付けます。
講義:8回  提出課題:8回  受講期間:6ヶ月
単位:1単位  受講料:59,400円(税込)

5. InDesign編集講座  詳細

Adobe InDesign(アドビ インデザイン)の操作方法を体得し、Amazon POD(Print on Demand)に入稿できるデータ作成スキルを身につけます。自ら作成した書籍をAmazonを通して世界中に販売することができます。
講義:8回  提出課題:8回  受講期間:6ヶ月
単位:1単位  受講料:59,400円(税込)
★ワーキングスカラーシップ制度対象講座 受講後の編集業務で「受講料半額負担で29,700円」





ページのトップへ戻る